治療ブログ

太もものから膝の内側の痛み、神経痛なの?? 治療編

太もものから膝の内側の痛み、神経痛なの?? 治療編

太もものから膝の内側の痛み、神経痛なの?? 治療編

  • 股関節・膝・下肢の症状
64

閉鎖神経痛の治療のポイント!

治療のポイントは、一言でいえば、骨盤・背骨の歪みを整える!です。

そのためにはどうしたらいいか一つ一つ説明させていただきましょう!

理論編に戻る

 

閉鎖神経痛 治療のポイント1  お尻の筋肉を柔らかく

弱くなった筋肉が硬くなり骨盤を歪ませますので、先ずはお尻の筋肉のマッサージ・ストレッチで筋の柔軟性を回復させます。 そのあとで筋力が出るようにお尻の筋肉の簡単なトレーニングをします。 これにより骨盤を安定させる力が回復します。

ベルト

治療のポイント2 骨盤・背骨の歪みを整えよう

骨盤のゆがみと背骨のゆがみを改善するために、骨盤・背骨の矯正をお勧めします! 骨盤・背骨の問題は筋肉を揉んでも改善しません。 電気をかけても改善しません! やはり骨盤・背骨の問題には、この治療がベストです。当院では特殊なベッドで患者さんに負担のかからない、高齢の方でも安心して受けられるソフトな骨盤を矯正する方法を取り入れております。   特殊機械による骨盤矯正動画   

  F-e_t[1]

 

治療ポイント3 インナーマッスル鍛えよう

腹横筋・骨盤底筋・といってお腹の深い位置にある筋肉が、内臓や骨盤を中から支えています。 これらの筋肉は通常のトレーニングでは鍛えにくいので、ドローインという呼吸をしながらのトレーニングを行います。 腰痛を再発させないトレーニング  の1にドローインのやり方は書いてあるので参考にしてください。

 

ドローイン

閉鎖神経痛は、膝が痛い、内腿がはっていたい、などの症状と誤診されることも多いので、経過が悪い時はこの病気を疑ってみるといいですね。 的確な診断をして治療をすれば必ず良くなるものですので安心してください。

お電話お問い合わせ

048-987-2778

9:00~13:00|16:00~20:00
(第一、第三日曜日除く)

オンラインでのご予約

ご予約 お問い合わせ

24時間いつでも受付いたします。

048-987-2778